絶倫海女 しまり貝

0 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶倫海女 しまり貝

1981年作

夏の陽光がきらめく漁師町。
網元の一人娘で女子大生の由美(清里めぐみ)は、
久しぶりに東京から戻り、
海女たちと一緒に漁に出たりしていた。

同じ頃、町では修司というワケあり風の青年が
民宿で過ごすようになった。
そして、東西観光開発の依頼を受けた松永不動産が、
地元の若者・順平を雇うなどして
漁業権や海岸一帯の土地の買収に乗り出していた。

社長の松永は多額の負債を抱える網元の剛三に金を融通し、
次の町長選挙の後押しをする代わりに
全権委任状を渡すように持ちかけた。

返事を渋る剛三だが、旅館に長逗留している
香織(小川亜佐美)との再婚話や、
娘の留学の話などが持ち上がると松永を頼ってしまう。
松永の密かな陰謀は着々と進行していくのだった・・・。



絶倫海女 しまり貝
関連記事
ページトップ